矯正治療について

矯正治療の流れ

不正咬合とは?

正しい歯並びを正常咬合と呼ぶのに対して、少し問題のある歯並びや噛み合わせを不正咬合と呼びます。不正咬合は叢生・上顎前突・下顎前突などに分類されます。

叢生

乱杭歯や八重歯とも呼ばれています。小さい顎に対して大きな歯が並ぶだけのスペースが無いため歯並びが悪くなった状態です。

上顎前突

出っ歯とも呼ばれています。上の顎や歯が下の顎や歯よりも出ている状態です。

下顎前突

反対咬合、受け口とも呼ばれています。下の顎や歯が上の顎や歯よりも出ている状態です。

あなたの歯の悩みを今すぐ解決!